ブログ

2020/12/08
【原因は別?!】「気が抜けるとダランとなる」スマホ首や猫背
猫背やスマホ首(ストレートネック)を改善のために
姿勢はよくするけど
「気づけば元どおり」
「姿勢が悪くなってしまう」

そんな
お悩みにお答えします。

こんにちは!天王寺からすぐ、阿倍野にある
どんぐり整体院の橋本です。

当院には病院や接骨院で改善せず来られる方が非常に多く、
日々猫背やスマホ首をはじめ色んな症状を向き合ってきております。

そんな私ならではの
猫背、スマホ首(ストレートネック)の解説をします。


元に戻る原因は、違う場所


結論から言うと、
正しい姿勢を取ろうとしても戻ってしまう理由として
原因は「違う場所にある」可能性があります。

猫背だと、背中ではなく、
スマホ首、ストレートネックだと首ではない場所が実は悪い。




例えば、水道の水を止めたい時です。
ホースの先端を塞いだところで水は止まりません。

水を止めたければ、根本である蛇口から閉める必要があります。


スマホ首や猫背も同じように
「違う場所の歪み」がどこか見極めることが、根本からの改善につながるのです。



正しい姿勢の意識


次に体への負担を減らす(正しい)姿勢を、
座っている時・立っている時のシーン別で紹介します。


座っている時

左右のお尻にある坐骨を座面に対して垂直で当てて座る。

具体的な場所は
太ももに手を当て、お尻方向へなぞります。
足とお尻の境目の奥にある骨が坐骨です。


立っている時

頭から糸が出ている想像をしましょう。
その糸が空に向かって伸びているように意識し、姿勢を伸ばします。

それでもダメなら、、、



正しい姿勢を意識してみても
「気づけば元どおり」
「姿勢が悪くなってしまう」
なら、

猫背だと、背中ではなく、
スマホ首、ストレートネックだと首ではない場所が実は悪い可能性があります。


一度ご自身の私生活を見直し、
体に負担がかかりそうな動作を見つけ

それに対して、辞めるのか
ストレッチをしてあげるのか
何か対処をしましょう。


また、当院へもお気軽にご相談ください。

関連記事

050-5361-4194
LINE予約