• ブログ

    2020/10/13
    右腰だけ、左腰だけの痛みの原因は、反対にあった!?
    「右腰だけ痛い」
    「左腰だけ痛い」

    そんなあなたに書いています。

    こんにちは、大阪は天王寺からすぐ!
    阿倍野にあるどんぐり整体院の橋本です。


    腰の痛みといえば、誰でも1度は感じたことはあるのではないでしょうか?
    真ん中が痛むことがあれば、右側だけ、左側だけといった片側だけ痛むこともあるでしょう。


    当院には病院で「異常なし」もしくは
    ヘルニアなどの診断をされ、オペまでされたけど痛みが改善せずお困りの方が来られています。

    そんな当院だからこその
    右側だけ、左側だけの腰痛の原因をお話ししていきます。



    この記事でわかること
    ・片側だけの腰痛の原因は「もう片側」
    ・病院では腰しか見られない
    ・当院での施術




    片側だけの腰痛の原因は「もう片側」


    実は、右側だけ、左側だけの腰痛の原因は
    もう片側の体の硬さ、つまり歪みからきていることがあります。


    体は常にクロスに使われています。

    例えば、階段を上がるときや、ボールを蹴る時など
    片方の足は前ですが、もう一方の足は後ろにあります。

    この時に、片側に硬さ、歪みがあると
    クロスの動きがスムーズにいかず、結果としてもう一方にも負担がかかるのです。


    反対側にこんな過去ありませんか?
    ・捻挫
    ・膝の痛み
    ・股関節の痛み
    ・腰の痛み



    病院では腰しか見られない



    腰の痛みで病院を受診すると
    ほとんどの場合、レントゲン では腰の撮影になります。

    しかし、今回のように
    対側の、足首、膝、股関節からきている場合は
    「異常なし」となるほか、

    仮に「ヘルニア」と診断されても
    そのヘルニア自体が対側からくるものであったならばどうでしょう?
    オペをしたところで完治するとは限りません。


    当院での施術



    腰が痛いからと言い
    腰だけを見るのではなく、全身を検査します。

    もし、右腰だけ、左腰だけの痛みでお悩みでしたら
    天王寺からスグ、阿倍野にあるどんぐり整体院へご相談受け付けております。

    関連記事

    050-5361-4194
    LINE予約