ブログ

2020/06/08
なぜ腰痛や肩こりの原因が手指や足首になるのか
腰が痛い原因は足の気がする
腰から足にかけて痛みや違和感がある

そんなあなたに向けて書いています。


こんにちは!
天王寺からすぐの阿倍野にあるどんぐり整体院です!

どんぐり整体院では、その場しのぎの施術ではなく
根本から改善を目指しています!!


そのため、腰が痛くても全身を検査して診ていきます。

そんな経験の中でたどり着いたことが、、、
腰痛や肩こりの原因は「腰」や「肩」には無いということです。


すでに、足元に痛みや違和感が出ている方なら
「なんとなく、そんな気がしていた」かも知れませんが



足元になんの不調もなければ
まさか腰痛の原因が足首なんて想像も出来ないでしょう。


そこで今回は
なぜ腰痛や肩こりの原因が手指や足首になるのか書いていきます。


この記事でわかること
・なぜ腰痛や肩こりの原因が手指や足首になるのか
・骨盤矯正は意味ない!?効果ない!?
・足元を触ってくれているから良い訳ではない
・どんぐり整体院では



なぜ腰痛や肩こりの原因が手指や足首になるのか



人間は2足歩行で生活していて
地面に設置している2足の足以外は宙ぶらりん状態なのです。


なので、体を家に例えると
負担がかかりやすい箇所は必然的に土台に当たる「足」になります。

土台である足にゆがみが生じると、それより上の膝や腰などに痛みが出やすいのです。


また、最上階や屋根にあたる頭や首にゆがみが出ると、それ以下の肩にこりや痛みが出やすいのです。

ただ、頭や首に関しては
頭や首が単独で動いてるというよりも、手と共に動作されていることが多いことから
肩こりは「手指」のゆがみが原因となることが多いのです。

例)
スマホを触る時の首の角度は、持ち手の影響を受ける


よく下を向きながらスマホを操作することで肩こりを感じている場合は
持ち手を顔の高さに持っていき尚且つ、正面でスマホを操作する必要があります。



以上のように
2足歩行で生活している以上「足」に負担がかかりやすく
生活する中でよく使われる「手指」が肩こりの起因となりやすいことから
腰痛や肩こりの原因が「手指」や「足首」になる場合があります。




骨盤矯正は意味ない!?効果ない!?



腰痛や肩こりの原因は
足首や手指となることが多いことを前提とし

気になるのが、接骨院の実費診療や整体院で良く聞く
「骨盤矯正=骨盤調整」って意味あるの???

というところ。


僕のところに来られる方は
接骨院や整骨院で改善しなかった方が多く
「骨盤矯正を受けたけど、良くならなかった」という声をよく聞きます。



骨盤矯正が意味があるのか、どうか
結論から言うと「やり方次第です」


どういう事かと言うと
腰痛に対して骨盤矯正だけしても、改善しないことが多いです。
何故ならば、原因である足首のゆがみが残っているからです。


逆に、足元からゆがみを整え骨盤矯正した場合だと、改善する可能性は上がります。



これまで接骨院や整骨院で骨盤矯正を受けたけど
良くならなかったあなたは、
足元からしっかり診てくれる先生の元へ行かれることをお勧めします。



足元を触ってくれているから良い訳ではない



「私のところは足元から触ってくれた上で、骨盤矯正をしてもらってるわ♪」

これだけでは、安心はできません。


と言うのも、
足元を触っているだけなのか
足元と骨盤の連動を考えて触ってくれているのかでは大違いです!!!!


この違いを見極める方法として
足元を触る時に、いつ〜〜〜も同じような流れ作業のような施術では
足元を触っているだけの可能性が高いでしょう。


これに関しては、判断が難しいですが
足元から整えてくれていて、尚且つ骨盤矯正を受けているけど「良くならない」
あなたは参考にしてください。




どんぐり整体院では



全身を検査して、足元や手指だけでなく
内臓の検査をし、原因を探していきます。


もしあなたが、長年の腰痛や肩こりをお持ちなら
ご相談ください^^

関連記事

050-5361-4194
LINE予約