ブログ

2020/05/18
右足や左足だけ違和感の原因とは?整体で改善
右足だけ違和感があるけど原因は?
左足だけ違和感があるけど原因は?

この記事はそんなあなたに向けて書いています。



こんにちは!どんぐり整体院の橋本です。


このような事ありませんか?


右足だけ又は左足だけ
痛みがある
痺れがある
ふわっとした感じがある
違和感がある
張りがある
つる・つりそうになる

これらのような症状が出ると気持ち悪いですよね。
しかも、「何科にいけばいいのかわからないし、、、」

でも、待ってください。
その症状は「整体」で改善する可能性があります。



この記事でわかる事
・右足や左足だけ違和感の原因とは?
・違和感が起こりやすい場所
・骨盤のゆがみがなぜ違和感に?
・自分でできるセルフケア
・整体でどのように改善するのか




右足や左足だけ違和感の原因とは?


右足や左足だけ違和感の原因の一つが「骨盤のゆがみ」です。

違和感が怒る原因は多岐に渡りますが、
今回は骨盤のゆがみにフォーカスして書いていきます。

というのも、原因の中でも骨盤のゆがみを整えると改善されることが多いからです。

家に例えると
骨盤が屋根で、屋根にゆがみがあると、それ以下の足に違和感が生じます。



違和感が起こりやすい場所


違和感が起こ流場所として
・ふくらはぎ
・すね
・太もも
・お股(鼠径部)
・足の付け根(股関節)
・お尻
が多いです。


骨盤のゆがみがなぜ違和感に?

骨盤のゆがみが何故、違和感に繋がるのか?

骨盤のゆがみが「歩行」のバランスを崩す結果
足に違和感が現れます。


骨盤がゆがむと、腰痛をはじめ
むくみや冷えに繋がるという話は聞いたこともあるかと思います。


その一つとして「足が上げにくくなります」

上げにくくなった足がつまづかないように、
つま先を持ち上げると、過剰にすねの筋肉に負荷がかかり、ふくらはぎは常に伸ばされた状態が続きます。






②すねの筋肉の負担がたまると、つま先を外に向けてカバーします。
(専門的にいうと、足尖を外側に向けることで足関節背屈動作を補おうとする)

③つま先を外に向ける筋肉がある、太もも足の付け根お股お尻に負担がかかります




自分でできるセルフケア



骨盤がゆがむ原因となる習慣をやめる
・あぐら
・あしを組む
・体が左右どちかに向きながら仕事をしている
・体が左右どちかに向きながら家で過ごしている


他にもこんなことが違和感の原因に
・足をあげるとき、違和感のあるつま先が外を向いている
・足をあげるとき、違和感のある膝が外を向いている


自分でできるセルフケア
骨盤周りを伸ばそう

①仰向けで寝て、膝を立てます。
②片方ずつ倒し背中から腰、お尻にかけて意識し伸ばします。

勢いはつけず、じわぁ〜と20秒伸ばしましょう!

ポイント
足とお腹の距離を縮めていくと
伸ばせる場所を変えれて満遍なく伸ばせます♪


整体でどのように改善するのか


全身を検査し、右足や左足だけ違和感の原因を探します。

・骨盤のゆがみ?
上げにくくなった足?
すねの筋肉への負荷?
・常に伸ばされたふくらはぎ
・つま先を外に向けるくせ?
太もも足の付け根お股お尻
etc,,,


原因から最適な施術を選択し、ゆがみを整えます。


以上、右足や左足だけ違和感の原因とは?整体で改善でした。



この記事を書いた人

どんぐり整体院 橋本龍
国家資格を生かし、整形外科、整骨院で述べ12000人を施術
その後、整体院を開業
「肩腰はもちろん、様々な症状おまかせください」


足と腰の連動性について考えた施術をしています。


関連記事

050-5361-4194
LINE予約