四十肩、五十肩で辛い方へ

痛くてストレスがかかる「四十肩・五十肩」
今は動かす時期ではない!?
四十肩、五十肩の改善には「適切な時期に適切な施術」が必要です。

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 肩や腕が痛く揉んでも改善しない
  • 手が後ろに周らない
  • 手が上がらず髪を洗いにくい
  • 服を着替える時に痛む
  • 常に痛みが気になりストレス
  • 湿布や痛み止めの薬で済まされた
一つでも当てはまる貴方は、改善する可能性がありますので最後までお読みください

四十肩・五十肩について

四十肩・五十肩は、整形外科では「肩関節周囲炎」と診断されます。
その名の通り、四十代・五十代の方に多い肩の痛みを特徴とした症状ですが、三十代や六十代以降でも起きます。
腱板や関節胞と呼ばれる組織が炎症する事で、肩の動きに円滑さがなくなり、痛みと可動域(動き)の制限が出ると言われています。
しかし、原因ははっきり分かっていないのが現状です。
肩に痛みが出る疾患としては
「腱板断裂」「上腕二頭筋長頭炎」
「石灰沈着性腱炎」「肩峰下滑液包炎」などがありますが
これらはx線(レントゲン )やMRIに異常が写ります。

一方で、原因がハッキリと分かっていない四十肩 ・五十肩は画像診断でも原因がハッキリわからないにも関わらず
痛みと可動域制限を特徴とします。

一般的な四十肩・五十肩の治療

四十肩、五十肩には急性期、拘縮期、回復期と3つの期間に分類され、それぞれに適した治療法があります。

急性期(炎症期)
痛みが強い時期で、寝ている間の夜間痛と言う症状が出やすい時期。
無理に動かすのではなく、
・温める・冷やすといったほか、

痛みが強ければ
・湿布・痛み止めの薬が用いられます。
拘縮期
じっとしている安静時の痛みも落ち着き、「動かしたら痛い」状態に入ります。
この頃から・動かす(運動療法)・マッサージを取り入れる事で固まってしまう(拘縮)を予防します。
回復期
痛みも可動域制限も、落ち着き回復していきます。

上記のことから起こる肩こり・肩の痛みに対して、病院ではレントゲンを取り湿布や薬の処方されます。
揉みほぐしを受けた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか

当院での治療法・こだわり

痛み止めや、揉みほぐしなどのマッサージでも改善しなかった方へ。

薬や湿布はあくまで痛みを抑える効果であり、対処療法となります。

ハッキリとした原因が分かっていないとされる四十肩・五十肩は、
原因不明ではなく、当院では「原因が幾つにも重なっている」考えられます。

急性期を超えても、その場の痛みを抑える薬や湿布で対処していては可動域は狭まるばかりです。
四十肩・五十肩の改善には原因を一つひとつ紐解いていく必要があります。


根本の原因から改善しないと、狭まった可動域が今後の生活に支障を及ぼす可能性があります。
また、揉みほぐしで改善しなかった理由は2つあります。

①原因が違う
肩がこる・肩が痛いからといって肩が原因とは限りません。
原因が違うところをいくら揉んでても意味はありませんよね。

②刺激が強い
強い刺激が入ると、体は返って硬くなります。
痛みが発生しにくい柔軟な体には程遠くなります。

肩こり・肩の痛みの原因は「指」かも知れません

どんぐり整体院では肩こりの場合、「姿勢」だけでなく特に「指」に着目します。




体の末端にある指に歪みがあると、筋・骨格の歪みに繋がり
結果、肩の負担になります。

肩とは一見関係なさそうな場所も
実は関係しているので、検査が非常に大事になってきます。


姿勢

具体的にいうと背骨の湾曲、骨盤の角度です。

背骨が曲がっていたり、骨盤が後ろに倒れているといずれも猫背のような姿勢になります。

そうするとボーリングの球と同じ重さの頭が体に対して前に行きます。

これでは頭を支えようと首から肩にかけての筋肉に異常に負担がかかります。

ですので、背骨の湾曲と骨盤の角度が肩こり改善に非常に重要です。

これまで
肩もみなどのマッサージでいつまでたっても改善しなかったあなたの原因は、肩以外にある可能性が高いです。


どんぐり整体院では、痛くない整体なので痛みがきつい方や、年齢関係なく施術を受けることが可能です

当院では
全身を検査して「肩こり、肩の痛み」の原因を探します!

肩が痛いからと言って原因が肩とは限りません。

当院独自の検査法で筋肉、骨はもちろん内臓まで全身を検査し「本当の原因」を探します。
そこの歪みをソフトタッチで整えることで本来の体の動きを取り戻し、人誰もが持つ自然治癒力を高めます。

施術を続けていく事で悪い癖や歪みを解消し、肩に負担のかからない美しい姿勢を作りましょう!
050-5361-4194
LINE予約