ブログ

2019/12/02
顔の歪みの原因は噛み癖と姿勢にあった!改善方法と整体でできるコト

「顔が左右非対称で気になる」
「下顎の歪みが気になる
こんなお悩みありませんか??

顔の歪みが気になり、
・自分でどうにかしようと顔や首などを触ってみた
・噛み合わせが気になり、歯医者さんで被せ物で高さを合わせてもしっくりこない
このように顔の歪みを治そうと
色んな試行錯誤をしてきたのではないでしょうか??

こういった努力をされたけど、改善しないばかりに
「写真や鏡が嫌い、苦手」「マスクをはすせない」「人の目が気になる」など辛い思いをされてきたはずです。
中には「整形を考えたこともある」方もいらっしゃいます。

整形が悪いことではありませんが、できれば手術をせずに改善したいものだとも思います。


こんにちは!天王寺からアクセス抜群!
大阪の阿倍野駅から徒歩2分にあるどんぐり整体院の橋本です。

どんぐり整体院で
顎から音がなる、顎が痛い、口を開け閉めしずらいといった顎関節症の症状でお悩みの方から
お顔の歪み・噛み合わせなど、お口周りでお困りの方が多数こられています。

今回はそんな当院だからこそ!の話をしていきます。

この記事を読むことで
手術なし!
顔の歪みの原因は噛み癖にあった!改善方法と整体でできるコトが分かります。





目次
・顔の歪みの原因は噛み癖にあった!
・噛み癖による顔の歪みをイラストで解説
・顎関節症を併発している可能性があります
・顔の歪みに自分でできる改善方法と注意点を紹介
・まとめ



顔の歪みの原因は噛み癖と姿勢にあった!


顔の歪みの原因の一つに噛み癖にあります。

具体的には片側だけで噛む癖がある場合なのですが、
右や左、片側でしか噛まないとどうなるのでしょう??

片側しか使われない状態になると
物を咀嚼する時に使われる筋肉に偏りが出ます。

顔中に張り巡らされた筋肉のバランスが乱れると
良く噛まれる方のほっぺたは上がり、結果的にお顔が左右非対称に歪んだように見えます。

また左右に一つずつある腕や足の関節と違い、
顎の関節は、骨一つで左右両方の関節を成しているため
片側が良く使われると、もう片方への影響がでやすい特徴があるのです。



肩こりの原因と聞くと、「猫背だからかなぁ?」と姿勢に着目されますが、
お口周りの問題と言うと、あまり姿勢からが原因という発想にはなりませんよね。

しかし!
顔の歪みや、歯の噛み合わせといった問題も
実は、姿勢からきていることがあります。


ですので、これまで、
「自分でどうにかしても良くなかった」
「歯医者さんでも良くならなかった」
といったあなたのお悩みを解決するキーは「姿勢」の可能性が高いです。


具体的にどういった姿勢が原因かというと
体が左右どちらかに捻られた姿勢です。


右へ捻られた姿勢になると、自然とお顔も右へ捻られます。

右へ捻られた状態で
噛もうとすると、右の奥歯で噛みやすくなります。





噛み癖による顔の歪み


次に片寄った噛み癖があると顔にどんな歪みがあるのかみていきましょう!


・下顎が歪みが生じる

・顎のラインに左右差が生まれる

・唇の大きさに左右差が生まれる

・ほうれい線の深さに差が生まれる

・鼻が曲がる

・鼻の穴の大きさに左右差が生まれる

・頰(ほお)の面積に左右差が生まれる

・目尻・眉尻が落ちる

ざっと書いたくらいでこんなにもお顔の歪みに影響してきます。


さらに片寄った噛み癖があると
顔の歪みのような外見的なお悩みだけでなく
・顎が痛い
・音がなる
・口を開け閉めしずらい
といった顎関節症を併発する可能性が出てきます。



顎関節症を併発している可能性があります



顎関節症は 女性に多く、
年齢でいうと20代と50代に一番多いです。 

放っておくと、 
頭痛やめまい、耳鳴りといった症状につながる恐れもあり
顎が痛いだけでもストレスなのに
めまいや耳鳴りまで出てしますと日常生活に多大なる影響を及ぼします。



あなたは大丈夫ですか?

・口に指が2本以下しか入らない
・口を開けようとするとあごが痛い
・スムーズに口を開けることができない
・口の開閉をするときに「カクン」と顎関節から音がなる
・あごがはずれることがある

上記の症状のうち少なくとも1つ以上該当する場合は
「顎関節症」にかかっている可能性が疑われますので注意が必要です。


顎関節症がひどくなると
下記のように日常生活に支障が出ますので
お困りの方はご連絡ください。


・常に顎が気になりストレス
・口を大きく開けれず、ハンバーガーなど食べれない
・音がならないように気を使いながら食事をしている
・顎がはずれるのが心配で大きな口を開けれない、大笑いできない
・朝起きると顎がだるい
・マウスピースを使っているが良くなってるのかわからない
・頭痛や首肩の痛み、肩こり、腰痛で仕事や家事に支障が出る
・めまい、耳鳴りがするため人との関わりが怖くなってきた




顔の歪みの改善方法と注意点を紹介



顔の歪みがある方は噛み癖の偏りと姿勢不良が原因です。

顔の歪みを改善するには、
姿勢をただし、口を真っ直ぐ開けることを目標に行います。



①食事の時は顔は正面に向けよう

食事中テレビの方を向いたり顔が横を向いている
こんなことありませんか??

まずは両側の奥歯でしっかり噛み
体に対して顔は横を向かず



②噛めていない方で噛もう!


普段噛めていない方でもしっかり噛むことを意識してください。

まずはどちらで噛んでいるのか、姿勢との関連から調べてみましょう!

わざと顔と上半身を右へ捻った状態で、歯をカチカチすると
右の奥歯が当たりやすくなるかを確認してみてください。


このように普段、顔や上半身が右に捻られていると
左の奥歯が使われず、右しか使えていない悪い状態です。


その反対も同じで
左へ捻られた姿勢になると、
右の奥歯が使われず、左しか使えていない悪い状態になります。


このように
普段の姿勢や噛み癖を知り
その動作を辞め、噛めていない方でも噛むことが顔の歪みを正す第一歩です。



③顎の体操をしよう

偏った噛み癖があると、
口を開けた時に左右ぶれながら顎が開いていく傾向があります。

まずは
あなたも鏡を見て確認してみましょう。

 元々の状態が。 下顎が歪んでいる。 

元々は真っ直ぐだが口を開けていくと下顎が左右に振れながら開いていく。 

口を開ける際に下顎頭は下顎窩内において、
回転運動と前方への滑走運動を行うことで口を大きく開ける事ができます。

しかし関節円板の変性や
噛み癖により筋肉の緊張の左右差が生まれると
左右に振れながら開いていってしまうのです。

確認できましたか??

このような状態が見られると、 

噛み合わせや噛み癖が悪い
普段の姿勢が悪いことが推測されます。 


では、早速
正しくまっすぐ口を開けれるようにやっていきましょう!


方法は
下顎を目安に触ってきます。


下顎角いわゆるエラのところに親指を優しく当て
 そのまま口をゆっくり開いていきます。 

この際ぶれないように親指を操作してください。

 例えば
左にぶれる場合ですとエラ、つまり左下顎角を 軽く押してあげるとまっすぐ開けれるはずです。 

この方法で10回ゆっくり真っ直ぐ口を開けましょう!!!


④どんぐり整体院でも改善できます


どんぐり整体院では顎の歪みの改善はもちろん
病院と整骨院で述べ12000人の施術経験を生かし
お顔の歪みの原因を探し、改善させます。

顔の歪みの原因を、噛み合わせの悪さからきていると考えており
歯を削ろうとしている方ちょっと待ってください。

今回のケースのように、姿勢や噛み癖が原因だと・・・
歯を削るか、被せ物をして調整しても
その時々に、姿勢も変動し「噛み合わせがしっくりこない」と、一向に改善されない状態に陥ることがあります。

その後も
左右の歯を削り合ったりと、イタチごっこになってしまいます。
しかも、削った歯は戻ってこないことから慎重に決断しましょう。


どんぐり整体院の施術では
歯を削らず、痛くない整体で歪みを矯正していきます。
「痛くない」ので初めての方にも安心して受けていただけます。


簡単LINE@から予約がおすすめ

友だち追加





まとめ

いかがでしたか??
僕は男ですが自分の見た目は気になりますし
女性なら鏡を見る機会も多くお顔周りの悩みを抱えている方は多いです。

ここまで
顔の歪みの原因は噛み癖と姿勢にあった!
改善方法と整体でできるコトを紹介してきました。


まずは
①食事の時は顔は正面に向けよう
②噛めていない方で噛もう!
③顎の体操をしよう
を実践していただくか

どんぐり整体院へご相談ください^^

関連記事

050-5361-4194
LINE予約