ブログ

2020/05/22
マスクで口呼吸になってませんか??口呼吸のデメリットと改善方法
「最近呼吸が浅くなってきた」
「そういえば口で呼吸しているかも。。。」


この記事はそんなあなたに向けて書いています。



こんにちは、どんぐり整体院の橋本です。


コロナウィルス蔓延により、感染予防にマスクをする時間が増えました。
マスクをしていると起きがちなのが「口呼吸」です。


口呼吸とは、鼻の代わりに口で呼吸することです。

普段から口呼吸に慣れてしまっている人からすれば、意外かもしれませんが
本来なら呼吸は鼻でするものです。


哺乳類の中でも、口呼吸をしているのは人間だけだそうで
なんと!日本人の7割は口呼吸だと言われています。


そんな
口呼吸をすると沢山のデメリットがあるのでまとめてみました。




この記事でわかること
・マスクが口呼吸になりやすい理由
・口呼吸のデメリット
・口呼吸チェック
・口呼吸改善方法
・ユーチューブしてます



マスクが口呼吸になりやすい理由


マスクが口呼吸になりやすい理由は
熱気がこもるし蒸れた結果、息苦しくなり口呼吸になります。

口呼吸は、“楽に”酸素を取り込むことができますが、鼻呼吸と比べ呼吸が浅くなり、
細胞単位で酸素の運搬が行き届かず体が硬くなるばかりか
様々なデメリットがあります。


口呼吸のデメリット


一覧です。下部に詳しい説明
  • 口が荒れる
  • 口が臭くなる
  • 虫歯になる
  • 風邪をひきやすくなる
  • 歯並びが悪くなる
  • 顎関節症になる
  • 呼吸が浅くなる
  • 顔がたるむ


口が荒れる


口呼吸をすると口内が乾燥し、
それに伴い、唇が荒れ、口内炎が出来やすくなります。

口が荒れると
→友達との楽しい会話でも満足に笑えない
→美味しいご飯も楽しんで食べれない



口が臭くなる


口呼吸をすると、口臭の原因の細菌・舌苔を洗浄してくれる唾液がでなくなり
口が臭くなります。

口が臭くなると
→友達を不愉快にさせる、気を使わせる



虫歯になる


口呼吸をすると、殺菌効果がある唾液がでず
虫歯になりやすいです。

虫歯になると
→治療のための時間やお金がかかる



風邪をひきやすくなる


口呼吸をすると、鼻でブロックされるはずだったウィルスや細菌、
埃などを直接体内に入れてしまうことで、風邪やアレルギーをはじめ体調を崩しやすくなります。

風邪を引くと
→しんどく遊びに行けない
→虫歯治療はじめ時間やお金がかかる



歯並びが悪くなる


口呼吸をすると、舌が下に落ちバランスよく物を噛めません。
バランスよく物を噛めないと、顎の発育不全につながり歯列不全いわゆる歯並びが悪くなります。

歯並びが悪くなると
→歯列矯正の為に、虫歯や風邪と比べ物にならないほどのお金と時間がかかる


顎関節症になる


口呼吸をすると、バランスよく物を噛めなくなり
それがきっかけで「顎に痛みがでる」「音がする」「頭痛がする」などの顎関節症になりやすいです。

顎関節症で痛みがキツイと
→食事の際、満足に口を開けることができず常に気を使いながら生活する




呼吸が浅くなる


口呼吸すると、鼻呼吸と比べ呼吸が浅くなります。
酸素交換率はなんと20パーセントも下がり、

呼吸が浅くなると
→酸素が行き渡ら図、肩こりや頭痛、疲労を引き起こすだけでなく
自律神経の乱れにもつながり免疫力が低下します。


顔がたるむ


口呼吸をすると、ほっぺたからお口周りの筋肉がたるみます。

顔の筋肉がたるむと
→老けて見える、元気なさそうに見える





口呼吸チェック


まず、あなたが口呼吸かどうか確認しましょう。


□口呼吸の自覚がある
□朝起きると喉が痛い時がある
□テレビを見ている時口が開いている
□口が開いていると人から指摘されたことがある
□唇が乾燥しがち
□風邪をひきやすい
□口内炎ができやすい

いかがですか??
日本人の7割が口呼吸だと言われていますので
思い当たること、ありますよね?

では、次に口呼吸の改善方法を見ていきまょう!



口呼吸改善方法








口呼吸改善には「口が開かない」ことが重要です。

口が開かないようにする3つのポイントはこちら
①意識
②舌の位置
③姿勢


①意識

まずは、意識から始めましょう。
特に、あなたが集中している時こそ「鼻呼吸」を意識します。

慣れないことですが、鼻呼で酸素を沢山取り込むことで
肩こりや頭痛を防ぎ、作業効率もあげましょう。



②舌の位置

舌の位置は上顎にくっついてる状態です。
舌が下に落ちると、口が開き口呼吸に、
逆に、上顎についていると口は閉じられ鼻呼吸できます。



③姿勢

姿勢が悪くなることで、口が開きやすくなります。
最初は、意識して背筋を伸ばしていただけたらいいのですが

長年の癖で、意識でもそうにもならなければ
ご相談下さい。


痛くない整体で、姿勢を改善し鼻呼吸しやすい体つくりのお手伝いをします。

また顎関節症の施術もおまかせください。




マスクを常にしていると、熱気がこもり呼吸がしずらくなります。

これから暑くなるので、常にマスクをするのではなく
人混みを避けマスクを外し“鼻”で呼吸をし意識をリセットしましょう!!



ユーチューブしてます


ユーチューブでは、「ポカン口の治し方」というタイトルで発信をしています。




以上、マスクで口呼吸になってませんか??口呼吸のデメリットと改善方法でした!

関連記事

050-5361-4194
LINE予約